ギリギリの日常ブログ

2019年よりブログ開始。日常の様々な情報をインプットし、ブログの場をお借りしてアウトプットしていきたいと思います。元サラリーマン、資格を取って医療職に転職したサラリーマン医療職です!ブログについて日々試行錯誤中。

燃費はハイブリッドのメリット!ハイブリッドのデメリットは?

f:id:girigirinchan:20190730185833j:plain

 

日本でのハイブリッド車の普及率は約20%程度と言われています。

 

www.jiji.com

 

ハイブリッドはどんどん普及していますが、まだまだ低い普及率です。

 

「ハイブリッドって本当にいいの?」

 

実際に自家用車をハイブリッドにするまでそんなことを思っていた私ですが、購入した今はハイブリッドにしてしてよかったと思います。

 

www.girixgiri.com

 

では、ハイブリッドのなにがいいの?

 

と聞かれたら私は真っ先に

 

『燃費』

 

と答えます。

 

我が家はトヨタヴォクシーのハイブリッドを購入しました。

 

燃費は17L。

 

信号ばかりの街乗りなので、優秀な燃費です。

 

ちなみにがガソリン車の場合、燃費は11L程度。

 

燃料タンクは40Lなので満タンでガソリン車よりも240km多く走る計算になります。

 

しかし!

 

正直、ハイブリッドって燃費以外のメリットをあまり感じません。

 

電磁パルスが出て、危険運転する車を破壊できますみたいな機能があればいいんですけど、技術的にも法律的にも難しそうですね。

 

私のような一般庶民からすると燃費は家庭のお財布に直結する重要事項!

 

燃費は車を選ぶ優先順位としては間違いなく上位に食い込んでくる項目です。

 

燃費がいいということは、ハイブリッドのネガティブな部分を差し引いてもハイブリッドを購入させる魅力のはずですが、本当にそうでしょうか?


そもそも、ハイブリッドのネガティブな部分ってなんでしょうか?

 

車種、メーカーによって違いますが、実際に私がハイブリッドを購入し、乗ってみて感じた『ハイブリッドのここはちょっといただけない部分』を今回はご紹介していきます。

 

 

 


値段が高い

f:id:girigirinchan:20190728221349j:image

ハイブリッドが高いのはよく言われています。

 

ただでさえガソリン車が高いのにハイブリッドはガソリン車に比べて更に高くなります。

 

このガソリン車にくらべて高い価格がある意味ハイブリッドというブランド感みたいなものを醸し出している気がします。

 

お金に余裕がないとハイブリッドを買えないのは事実ですからね。

 

俺ハイブリッドに乗ってるぅ〜!

 

という自己満足のためにハイブリッドを購入する人もいるかもしれません。

 

ヴォクシーの場合、ハイブリッドとガソリン車では大体40万円程度の価格差が発生します。

 

その価格差を補うのはハイブリッドの減税と、ガソリン代です。

 

www.girixgiri.com

 

大体、7万キロぐらい走行すればハイブリッドとガソリンの価格差を埋めることができるかなと思うのですが、週末家族サービスで遠出するぐらいだと7万キロってなかなか走りません。

 

そもそも、今は残クレというシステムがあり、5年という短いスパンで車を買い替える人が結構います。

 

5年で7万キロ乗りますか?

 

年間1万4000キロです。

 

そんなに距離を乗らない人は、ハイブリッドの価格差を燃費で回収しようと思わない方が良いでしょう。

 

沢山距離を走る、経済的余裕がある、ハイブリッドが好きというという理由がなければ、無理してハイブリッドを買ってもそこまでメリットはなさそうです。

 

ガソリン代は確かに安くなりますが、車自体が高くなるので、用途、経済状況などをしっかり考慮してハイブリッドにするのかガソリン車にするのか選ぶべきです!

 


低燃費=遅い

f:id:girigirinchan:20190728221405j:image

車種によって違うので一概にも言えませんが、ヴォクシーの場合、遅いというか、力が足りません。

 

ノア、エスクワァイヤーも同じエンジンとハイブリッドシステムを載せているので同じ感じだと思います。

 

低燃費を実現させるには、効率よく燃料を使い、無駄なパワーを出さない仕組みが必要です。

 

より少ない燃料、エネルギーで車を走らせる。

 

これって要するに、遅くなるってことです。

 

エンジンをコンパクトにすれば、使用する燃料も減り軽量化できるため燃費は伸びます。

 

しかし、その犠牲としてパワーを失います。

 

ヴォクシーハイブリッドのエンジンは1800cc。

 

プリウスαと一緒のエンジンです。

 

今はエンジン出力をコンピュータで制御しているので、全く同じパワーというわけではありませんが、エンジンの大きさはやはり重要です。

 

ワンボックスのファミリーカーをストレスなく走らせるには最低2000ccクラスのエンジンは必要だと思います。

 

平坦で停車、発進の多い街乗りならさほどパワー不足は苦になりませんが、坂道や、高速道路ではそれなりにエンジンを回さないと速度が維持できません。

 

スピードを上げようとエンジンを回すとうるさいので、車内での話し声が聞こえなくなるなんてこともあります。

 

まぁ、スピードを出さなければいいだけなんですけどね(笑)

 

私の場合、エンジンの力不足によりあまりスピードを出さなくなったので、安全運転になりました!

 

いいのか悪いのかよくわかりませんが、結果よくなったとポジティブに考えるようにしています。

 

クラウンクラスのハイブリッドになると、力強い走りをするハイブリッドになるようですが、そもそもコンセプトが違うのでやはりファミリーカーのハイブリッドが遅いのは我慢するしかないですね。


高速道路、長距離運転での恩恵は?

f:id:girigirinchan:20190728221556j:image

ハイブリッドは基本停車から加速の初期段階をモーターで行います。

 

モーターのシステムで走行するのは大体時速30キロ程度までです。

 

そこから先はエンジン走行がメインになります。

 

停車、発車が多い街乗りではモーターでの走行割合が増えるのでハイブリッドが力を発揮しますが、高速道路など平均速度が速い道路や信号の少ない道路での走行ではエンジン走行がメインになるため、そこまでハイブリッドの恩恵を受けません。

 

ガソリン車の感覚で高速道路に乗ってもハイブリッドの場合、思ったより燃費が伸びないのはそのためです。

 

あくまで、街乗りと高速道路乗りの燃費の差を埋めるのがハイブリッドというシステムなんです。


静かなのはいいけど・・・

f:id:girigirinchan:20190728222136j:image

ハイブリッドのモーター走行中は本当に静かです。

 

EVモードはモーター走行できるので、自宅アパートの駐車場に静かに駐車できます。

 

静音性が高いのはハイブリッドのメリットですが、静かなので周りに気づかれにくいというデメリットでもあります。

 

特にイヤホンしている人や高齢者には気づかれにくいです。

 

耳の遠い方はいつまでたっても気づいてくれません。

 

ハイブリッドの場合、エンジン音がしないので飛び出し事故のリスクを増やしている可能性があります。

 

静かすぎるのも問題ですね。

 

最後に

f:id:girigirinchan:20190730184349j:plain

正直なところ、「時代はハイブリッド!」「ハイブリッドがオススメ!」と言われているけれどそこまでハイブリッドがガソリン車に比べて燃費以外、劇的になにか良くなったというわけではありません。

 

モーター、バッテリーの性能がさらに向上し、高速域でもモーター駆動でカバーできる。

 

そうなればもう電気自動車なんですが、その次元まで行かなければ、ガソリン車との差別化は難しいのではないかと思います。

 

なんかハイブリッドの悪口を書いたみたいになってしまいましたが、

 

なんだかんだハイブリッドはいいです!

 

「もし次もハイブリッドに乗りたいですか?」

 

と聞かれたら

 

「YES」

 

と私は答えます。

 

街乗りが多い私には、やっぱりハイブリッドの低燃費は超重要です。

 

ただし、次もハイブリッドを買うなら絶対に中古だと思います。

 

新車のハイブリッドは高いですからね。

 

やっぱりハイブリッドは高すぎるのかもしれません。

 

自動車メーカーさんにはもう少し安い車を作れるように頑張っていただきたいものです。

 

いや!

 

人任せではいけませんね!

 

自分でお金を稼がないと!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。