ギリギリの日常ブログ

2019年よりブログ開始。日常の様々な情報をインプットし、ブログの場をお借りしてアウトプットしていきたいと思います。元サラリーマン、資格を取って医療職に転職したサラリーマン医療職です!ブログについて日々試行錯誤中。

俺は医療従事者になる!私がサラリーマンを辞めて臨床工学技士を目指した理由。

f:id:girigirinchan:20190528221230j:plain

 

臨床工学技士をご存じですか?

 

別名MEやCEと呼ばれている医療職です。

 

医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業とする医療機器の専門職種です。

 

一つ例に挙げるなら、透析治療に使う機器の操作を行います。 

 

医療職の中でもマイナーな資格なので、ご存じの方は少ないと思います。

 

そんなマイナーな職種ですが

 

私はサラリーマンを辞めて臨床工学技士へ転職しました。

 

転職に要した期間

 

約3年!

 

いや~長かった。

 

でも過ぎてみればあっという間の3年間でした。

 

今回は、私がサラリーマンを辞めて臨床工学技士を目指した理由について記事にしてみました。

 

 

医療職への憧れ

高校時代。

 

私は理学療法士になりたいと思っていた時期がありました。 

 

なりたいなら、なればいい! 

 

今ならそう言えますが、当時の私はめちゃくちゃチキンBOY。 

 

おまけに、神経質でネガティブだったので毎日お腹を下していました。

 

ちびまる子ちゃんの山根君に引けを取らない胃腸の弱さです。 

 

そんな私でしたので、専門学校の入試倍率6倍という数字をみてビビってしまいました。 

 

入試に落ちる=人生失敗

 

そんな考えを持っていましたので、挑戦もせず簡単に医療の道を諦めてしまったのです。 

 

我ながらお恥ずかしい。 

 

 

就職したものの・・・

www.girixgiri.com

大学には推薦で進み就職したものの、上手くいかず。 

 

ノルマ、残業、ストレスに苛まれる毎日。 

 

本当にしんどい日々でした。 

 

挑戦することから逃げてきた結果です。

 

自分が悪いのはわかってます。 

 

 しかし、どうにもならない現状。 

 

もういやだ~~!! 

 

自暴自棄になっていました。 

 

絶対転職してやるという固い決意は持っていたものの 

 

はて?転職といってもどこに転職する? 

 

となるわけです。 

 

営業職へ転職してもきっと同じことを繰り返す。 

 

専門的な知識、資格もない。

 

てかサラリーマン無理~~!! 

 

人生詰んだわ。 

 

と嘆いていた私に2つの転機が訪れます。

 

 

臨床検査技士との出会い

ある日、

 

「ギリギリ!テニスしよう!」

 

いきなり友人からテニスのお誘い。

 

行ってみるとそこには見慣れない女性が。

 

woman!

 

とりあえず挨拶せねば!

 

「どどどどうも。ギギギッリギリっす。」

 

と人見知り全開の挨拶をぶちかましました。 

 

聞くと、友人が医療事務として働いている病院の検査技士であることが発覚。 

 

そんなことはさておきレッツテニス! 

 

テニス後、お茶に行きましょうとなり近くのお洒落なカフェへ。

 

 そこで、検査技士の女性から仕事についていろいろな話を聞くことができました。

 

業務内容、福利厚生、職場でのエピソードなど。

 

 そんな話を聞いているうちにふと思ったのです。

 

 (俺ってそういえば昔、医療従事者になりたかったんだっけ。)

 

 医療従事者になりたかった昔の思いを、今更ながら思い出したのです。

 

 

本との出会い

医療従事者になりたかったことを思い出しても簡単に行動を起こせるわけもなく、がんじがらめの毎日を過ごしていました。

 

そんなある日。

 

運命を変える一冊の本に出会います。

道は開ける 新装版

道は開ける 新装版

 

今思えば、精神的に相当追い詰められていたんでしょうね(笑)。

 

 普通買わないでしょ。

 

 だって明らかにインチキ臭いタイトル。

 

 よく分からんオッサンの写真。

 

 それなのになぜか本屋でボケっと本を探していたらこの本が目に留まりました。

 

 パラパラとめくって読んでみると・・・。

 

 あれ?この本いいこと書いてある。

 

 本の見た目とは裏腹に心に響く内容。

 

 即購入を決意しました。

 

 自宅に戻りすぐに読み始め2日で読破。

 

 2日間の読書体験で、私の心に突き刺さったフレーズがありました。

 

第一、まず、状況を大胆率直に分析し、その失敗の結果生じうる最悪の事態を予測すること。

第二、生じうる最悪の事態を予測したら、やむをえない場合にはその結果に従う覚悟をすること。

第三、これを転機として、最悪の事態を少しでも好転させるように冷静に自分の時間とエネルギーを集中させること。

作者: デールカーネギー,Dale Carnegie,香山晶 

出版社/メーカー: 創元社

 

今の自分に当てはめて考えてみました。

 

 もし、今仕事を辞めて医療の資格を取得しようとして失敗したとする。

 

 その結果生じうる最悪の事態はなんだろうか?

 

 当時の私は25歳。

 

失敗しても28歳です。

 

 まだやり直せる。

 

 学費分の貯金もある。

 

 職を選ばなければ再就職はできそうだし、やるべきことをやって無理だったら諦めもつと思いました。

 

 なんか、今ならいけそうな気がする・・・。

 

 そして、決意します。

 

俺、医療従事者になる!

 

きっかけなんて些細なことなんです。

f:id:girigirinchan:20190423211642j:plain

 

医療従事者って言ってもなにになる?

そこから、医療職について調べました。

 

まずは、医師!

 

・・・。

 

ムリ。

 

次!

 

看護師、理学療法士、臨床検査技士、放射線技師、言語聴覚士・・・。

 

いろいろあるけれど果たしてどうやって決めるか?

 

3つのフィルターをかけて検証しました。

 

①3年制の専門学校で取得できる。

②総合病院に勤務できる。

③大卒、専門卒の学歴差がそこまで影響しない。

 

理学療法士は3年で取得できますが、大学が多く総合病院の就職も3年制の専門学校では厳しいと聞き断念。

 

臨床検査技士も同じ。

 

看護師はなんかちょっと違う。

 

やっぱりないのかと諦めかけていると、

 

臨床工学技士???

 

聞きなれない名前が目に留まりました。

 

早速リサーチ開始!

 

医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業とする医療機器の専門職種。

 

フム!

 

大学の数は全国で数校しかなく専門の方が多い。

 

フムフム!!

 

資格はできて20年ほど新しい資格で総合病院での就職は比較的し易い。

 

フムフムフム!!!

 

これ、まさしく俺が求めていた奴やん!

 

というわけで。

 

私は臨床工学技士を目指すことにしたのです。

 

結構簡単に決めてしまいましたが、調べていくうちに、なんとなく自分に合っているような気がしました。

 

根拠はありません。

 

しかし、考えてばかりいても始まらないですからね。

 

臨床工学技士を目指す上で、一つだけ越えなければいけない壁がありました。

 

工学と名前が付くくらいなので理系なんですね。

 

私はバリバリの文系。

 

物理はノータッチ。

 

教えてアインシュタイン

 

果たして大丈夫なのか?

 

大丈夫。人生やればなんとなかなる。

 

自分に言い聞かせたのでした。

 

続く。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

それではまた!