ギリギリの日常ブログ

2019年よりブログ開始。日常の様々な情報をインプットし、ブログの場をお借りしてアウトプットしていきたいと思います。元サラリーマン、資格を取って医療職に転職したサラリーマン医療職です!ブログについて日々試行錯誤中。

むか~し、昔。私は就職活動に失敗しました【失敗談】

f:id:girigirinchan:20190524203330j:plain

(文字数:2150文字 読み終わるまで:約2分) 

 

どうも!ギリギリです!

 

今思うと私の就職活動は失敗です。

 

最近ある本を読みました。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

 

 昔の私は失敗することが大嫌いでしたが、今はこう思うのです。

 

失敗から学ぶことは多い。

そして、忘れない。

 

私が仕事選びに失敗した理由 

 

過剰な安定志向

「ギリギリってずっと同じ会社で働きたいの?」

 

「まあ、できれば転職はしたくないよね。面倒くさいし。だから安定した企業で働きたい。」

 

「そうなるとやっぱり大手狙ってく?」

 

「出来れば大手!でも転勤やだよね。だって寂しいじゃん!!」

 

若者は企業に安定を求める。

私もその一人でした。

私が求める安定した企業の定義は

 

潰れないことです。

 

でも考えてみてください。

東芝が買収されるなんて、数年前まで誰が予想できましたか?

ドナルドトランプが大統領になるなんて予想できましたか?

明日、自分が風邪をひくなんて予想できますか?

将来のことなんて誰も分からないのです。

 

オイルショックITバブル崩壊、不景気は何回もありました。

倒産した企業ももちろんあります。

しかし、その不況に呑まれ倒産した企業よりも、なんとか耐え今まで経営してきた企業の方が圧倒的に多いのです。

 

日本は380万の企業が存在します。

そのうち年間倒産する企業はバラつきがありますが年間約1~2万件。

さて倒産企業した企業は全体の何パーセントでしょうか?

自分なりに調べた結果

 

約0.3%です。

 

さらに、倒産が多いのは従業員5人以下の小規模企業です。

私は0.3%に頭を悩ませ、選択肢を狭くしてしまったのです。 

私が就活中はちょうどリーマンブラザーズが経営破綻し、金融危機に見舞われた時でした。

不景気、倒産という単語がニュースで飛び交っていた時です。

f:id:girigirinchan:20190323160013j:plain

資料 東京商工リサーチ 

http://www.tsr-net.co.jp/news/status/yearly/2017_2nd.html

リーマンショックは2008年。グラフを見ると倒産件数は増えていますが、20年間で倒産件数が一番多かったのは1998年です。 

マスコミの情報に過敏に反応してしまい、あたかも簡単に企業が倒産してしまうという錯覚を起こしてしまったのです。

 

悪いニュースが増えても、悪い出来事が劇的に増えたとは限らない。

 

悪いニュースが増えた理由は、世間の感心が倒産に向いてしまったからであって、実際に数値で確認すれば、劇的に倒産件数が増えたわけではなかったことに気づくことができたはずです。

 

ノーテンキな私がそんなこと気づくわけなかったですけどね。

無知って本当に恐ろしいです。

知識を蓄えましょう!

 

 

ありもしない先入観と心の弱さ

「俺、内定きまった!」

 

「私も!ギリギリは?」

 

「俺は、自分のペースでいきたいからまだ決めてないのさ!(6社落ちたわ。)」

 

周りに内定が出てくると焦ります。

今なら、私になかなか内定が出なかった理由が分かります。

 

向いていない営業職を希望していたからです。

 

本当は、自分が営業には向いていなことは分かっていました。

昔、大学の文化祭で道行く人にタイ焼きチケットを売ろうとしましたが、ことごとく無視され、2日間文化祭を欠席してしまった前科があります。(笑)

 

そんな、メンタルで営業ができるか!とツッコミたくなるのですが、当時の私は「事務職は給料が悪い」「文系はなんだかんだ営業職しか就職先がない」と勝手な先入観にとらわれ、営業職一択で就職活動をしていました。

選択肢を勝手に狭めていたんですね。

ただのお馬鹿ちゃんです。

 

 営業はやりたくないと何度も思ったのに違う職種を検討しなかった。

その理由は、とにかく早く内定が欲しかったからでしょう。 

営業職の求人は多いですからね。

結果、無事内定をもらうことができたのですが、元々向いていないという先入観があった営業職。

なかなか、仕事に身が入らないという悪循環に陥ってしまいました。

企業にとっては大迷惑な社員です。

 

先入観と就活を早く終わらせたいという思いが、誰も得しない結果を招いてしまいました。

 

就職活動は自分に素直に。

そして、妥協しないことが重要です。

 

 

私が就職活動に失敗した理由をざっくりまとめると

 

・先入観に縛られ自分の理想ばかりを追い求めてしまった。

・社会人になることに対する認識が甘かった。

・適性のない職種にこだわったこと。

 

振り返れば振り返るほど自暴自棄になりそうです。(笑)

 

穴があったら入りたい!

 

 最後に

そんな私は仕事を辞め、医療資格を取得し、今は病院で働いています。

人生どうなるか分かりません。

今の仕事は自分がやりたいと思った仕事です。

かなり遠回りしてしまいましたが後悔はしていません。

自分に素直が一番です! 

 

別に失敗したっていいじゃん!

失敗を糧にして次の経験に生かしましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。 

それではまた!