ギリギリの日常ブログ

2019年よりブログ開始。日常の様々な情報をインプットし、ブログの場をお借りしてアウトプットしていきたいと思います。元サラリーマン、資格を取って医療職に転職したサラリーマン医療職です!ブログについて日々試行錯誤中。

奥さんが里帰り中に旦那さんがやるべきことを3つ紹介する。

f:id:girigirinchan:20190515211928j:plain

 

どうも!ギリギリです!

 

今回は奥さんが里帰り中に旦那さんがやるべきことについての記事です。

 

旦那さんがやるべきことそれは

 

・節約すること

・嫁さんが普段何をしてくれているのか気づくこと

・家事マスターになること

 

この3つです。 

 

私は最近、奥さんが里帰り出産の為、一人暮らしを送っています。

 

一人暮らしを8年ほど経験してきた私にとって久しぶりの一人暮らしは

 

・・・。

 

自由だ~~~~~~!!!!

 

f:id:girigirinchan:20190423211642j:plain

 

1人暮らしサイコー!! 

 

こんな文章、万が一奥さんに読まれたら大パニックになりそうですが(笑)。

 

そんな私が今思うことを書かせていただきました。

 

 

 

 

節約しましょう!

f:id:girigirinchan:20190515212214j:plain

 

奥さんが里帰りしている間は家計簿をつけましょう。

 

なぜ家計簿をつけるのか。

 

1人暮らしになると支出が増えやすいからです。

 

監視役の奥さんがいないと知人と気軽に呑みに行ける、趣味に使える時間が増えるなど、お金を使いやすい環境になります。

 

そうなると、財布のひもは緩くなる一方ですよね。

 

散財しないように節約する意識を持ちましょう。

 

支出をコントロールするのにオススメなのが家計簿です。

 

家計簿を付けると支出を把握できるので、節約する意識が働きます。

 

家計簿はスマホアプリで探せばいくらでもあります。

 

どのアプリでもいいのでダウンロードして試してみてください。

 

アプリによっては、レシートを撮影するだけで家計簿が付けれる優れものもあります。

 

里帰り中のたった数ヶ月です。

 

数ヶ月ぐらい面倒くさがらず家計簿をつけてみましょう!

 

上手く節約できたらご褒美を貰えるかもしれませんよ。

 

 

奥さんが普段なにをしていてくれたのか気づきましょう!

f:id:girigirinchan:20190414235103j:plain


プチ1人暮らし中に家のことについて分からないことがあれば、それはいつも奥さんがやってくれていたことです。

 

可燃ごみの日は何曜日で、何色の袋ですか?

 

食器はどこに片付けますか?

 

洗濯ものはどうやって畳みますか?

 

普段気づかなかった奥さんの功績に気づきましょう。

 

家事は本当に大変です。

 

また、家に一人だと会話相手がいません。

 

普段仕事の愚痴などを聴いてもらっている人はいますか。

 

奥さんがいなければその愚痴も言えません。

 

1人暮らしは奥さんの偉大さに気づくいい機会です。

 

 

 

1人暮らしをきっかけに家事をマスターしましょう!

f:id:girigirinchan:20190515212714p:plain

 

家事はやらなければ覚えません。

 

せっかくの機会なので、家事を覚えましょう。

 

昔は「男は仕事、女は家庭」と言われた時代でしたが、そんなの時代遅れです。

 

今は「男は仕事、女も仕事」の時代。

 

共働きの家庭では、家事分担はとても重要です。

 

時々、「俺の方が稼いでるんだから家事はやらない」と言う人がいますがこれはNGワードです。

 

大体、この発言が原因で喧嘩になります。

 

私の知人はこの発言が原因で離婚一歩手前までいきました。

 

恐るべし!家事の恨み!

 

現代では、男性が家事をすることは当たり前です。

 

我が家では、掃除機、皿洗い、洋服の畳みは私の仕事です。 

 

家事は絶対に身に付けて損はありません。

 

円満な家庭を築くために、男性も家事マスターを目指しましょう。

 

 

最後に

 

今回のまとめです。

 

奥さんが里帰り中に旦那さんがすべき事は

 

・家計簿をつけて節約する

・嫁さんの功績に気づく

・家事を覚える

 

奥さんが戻ってきて、「何でこんな無駄遣いしたの!」「なんでこんなに部屋が汚いの!」と怒られないように一人暮らしでもきちっとした生活を心掛けたいものですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

それではまた!