ギリギリの日常ブログ

2019年よりブログ開始。日常の様々な情報をインプットし、ブログの場をお借りしてアウトプットしていきたいと思います。元サラリーマン、資格を取って医療職に転職したサラリーマン医療職です!ブログについて日々試行錯誤中。

読みやすい文章は読むだけでは身に付かない。

f:id:girigirinchan:20190415221034j:plain

どうも!ギリギリです!

 

読みやすい文章と聞かれたらどういう文章をイメージしますか?

 

文章のリズムが良い、分かりやすく表現されている、要点がまとまっている。

 

大体、こんなイメージでしょうか。

 

ふと私は読みやすい文章が書けているのか不安になり、自分のブログを読み返してみました。

 

内容が重複している、言いたいことが上手く伝わっていない、回りくどい。

 

とても読みにくい文章が書かれていました。

 

書いた時は良く書けていると思っても時間が経つと、違って見えるんですね。

 

私は国語が苦手で、文章を今までろくに書いてきませんでした。

 

今こうやってブログを書いますが、書き方のルールをよく理解せず我流で書いています。

 

未だに、どうすれば分かりやすい文章が書けるのかわかりません。

 

本を読めば文章が上手くなるといいますが、読む本のジャンルで書き方は違います。

 

小説ならば心境、情景が伝わる文章を書く必要があります。

 

参考書は情報を分かりやすく伝える文章でなければ読み手に伝わりません。

 

そもそも、小説、参考書は読者自身が読みたい、知りたいと思って読んでいるケースが多く、少し分かりにくい表現をしても、読み続けてくれます。

 

ではブログやネット記事はどうでしょうか。

 

読者はパソコン、スマホでの流し読みが多く、よほど興味がある内容でなければ熟読しません。

 

受け身なんです。

 

このような読者の場合、どういう文章を書けば良いのか分からなかったので、勉強の為に一冊の本を購入しました。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

 

この本は完読させることを読みやすい文書と定義し、完読させる為にはどのような、要素が必要なのか紹介されています。

 

また、文章を効率良く書くための方法も紹介されています。

 

読んで感じたのは、自分は思っていた以上に文章の書き方を知らなかったことです。

 

文章を書いても上達しないわけです。

 

この本から分かりやすい、読みやすいと感じる文章を書くルールを学ぶことができました。

 

後は実践あるのみです。

 

今後のブログに生かせるといいんですけど。

 

どれだけ魅力があるテーマでも、上手く文章で表現できなければ情報の山に埋もれてしまいます。

 

ネットでは動画コンテンツが充実し動画があれば、文章力がそこまで無くても分かりやすく情報を発信できる時代になりました。

 

新しい通信規格の5Gが近々導入され、データ通信がもっと高速になれば、動画コンテンツは更に充実してくるでしょう。

 

そのような時代ならば、文章力は必要ないと思いますか。

 

そんなことはありません。

 

ペーパーレスが進んでも必ず文章は書きます。

 

連絡のやり取りも文章です。

 

どれだけ技術が発達しても、世の中は文章で溢れています。

 

文章力は必ず役に立つスキルです。

 

文章力は読み書きしなければ上達しません。

 

しかし、書き方のルールを学ぶことも重要です。

 

文章の書き方に悩んでいる人は、書き方のルールを学んでみてはいかがですか。

 

最後までお読みいただありがとうございました。

 

それではまた!