ギリギリの日常ブログ

2019年よりブログ開始。日常の様々な情報をインプットし、ブログの場をお借りしてアウトプットしていきたいと思います。元サラリーマン、資格を取って医療職に転職したサラリーマン医療職です!ブログについて日々試行錯誤中。

【読書】いいアイデアの生みだし方を教えてくれる本を紹介します。

どうも!ぎりぎりです!

 

仕事は楽しいかね?

 

「はい!全然楽しくないです!」

 

そういう人多いですよね。

 

「何やっても上手くいかない。」

 

「単調な毎日の繰り返しにうんざりしています。」

 

そんなあなたにオススメな一冊を今回お届けします。

 

それがこちら! 

 

 

 

あらすじ

 

主人公は一度事業に失敗し、真面目に働いても結果に恵まれないサラリーマン。

 

主人公はある日、空港で老人と出会います。

 

この老人、実は名の知れた大富豪。

 

些細なことがきっかけで、大富豪からアドバイスを貰います。

 

この老人がなぜ、世界的に有名な大富豪になることができたのか。

 

空港で、一般人と大富豪の課外授業が始まります。

 

この本をオススメする人

 

良いアイディアが思い浮かばない

 

「独創的なアイデアを考えなければいけない」「なかなか良いアイデアが浮かばない」そういう悩みを抱えている人にオススメです。

 

この本は、イデアを生み出すコツを分かりやすく教えてくれます。

 

「新しいアイデアというのは、新しい場所に置かれた古いアイデアなんだ。」

著者:デイル・ドーテン 訳:野津智子 きこ書房  仕事は楽しいかね? 

 

さて?どういうことでしょうかね。 

 

f:id:girigirinchan:20190414234911p:plain

毎日同じことを繰り返している人

 

毎日、毎日同じことの繰り返しをしているだけ。

 

そんな閉塞感にさいなまれている人はいませんか?

 

本書の主人公も同じ設定です。

 

閉塞感から抜け出せない主人公が、老人からの教えでどのように変化していくのか。

 

今の自分と照らし合わせながら読んでみるといいかもしれません。 

 

ビジネス書が苦手な人

 

この本は、物語形式になっているため、非常に読みやすいです。

 

難しい表現もないので、ビジネス書が苦手な方、活字が苦手な方でもスムーズに読むことができますよ。

 

ボリュームもそこまで多くないので、3時間ほどで読み終えることが可能です。

 

活字嫌いな方、ビジネス書が苦手な方、試しに読んでみてはいかがでしょうか。

f:id:girigirinchan:20190414235103j:plain

私の感想

 

 腑に落ちる部分と腑に落ちない部分がありました。

 

腑に落ちなかった理由は、成功事例(コカ・コーラ誕生の理由など)の時代が数十年前なので、同じアイデアを現代で試したら通用しなかったのではないかと思ったからです。

 

また、タイトルだけ見ると、この本を読めばあたかも仕事が楽しくなるような印象を受けますが、読めば仕事が楽しくなる内容ではないと私は思いました。

 

しかし、本全体としては非常に完成度が高く、濃い内容であると思います。

 

とにかく読みやすい!

 

試すことの重要性、どうすれば良いアイデアを生み出すことができるのか。

 

そのヒントがこの書籍にはギッシリ詰まっていますよ。

 

成功するアイデアは決して才能だけでは生れないということを教えてくれる本です。

 

興味が湧いた方はぜひ一読を。

 

まとめ

 

・良いアイデアが浮かばない、毎日が単調だという人にオススメ

・物語形式で、魅力的なストーリーなので読みやすい。

・試すことの重要性、アイデアの生み出し方を教えてくれる。

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

それではまた!