ギリギリの日常ブログ

2019年よりブログ開始。日常の様々な情報をインプットし、ブログの場をお借りしてアウトプットしていきたいと思います。元サラリーマン、資格を取って医療職に転職したサラリーマン医療職です!ブログについて日々試行錯誤中。

仕事ができないと噂される人

f:id:girigirinchan:20190410162530p:plain

どうも!ギリギリです!

 

仕事をしていると、よく耳にする噂のフレーズがあります。

 

「あの人、仕事ができない。」

 

私の職場でも、仕事ができないと噂されている人がいます。

 

でも、いざ一緒に働いてみると普通に仕事ができるし、悪い人でもなさそうです。

 

なぜ、この人は仕事ができないと噂されてしまうのか?

 

火のない所に煙は立たぬといいますから、それなりの理由があるのかもしれません。

 

噂なんて気にしないのが一番です。

 

噂を聞いたとしても、気にしないという人もいると思います。

 

しかし、自分以外で噂を気にする人がいると厄介です。

 

例えば上司とか。

 

人は感情で動きます。

 

悪い噂が上司の耳に入れば、自分の評価に影響がでる可能性もゼロではありません。

 

今回は仕事ができないと噂される人について記事にしてみました。

 

人の見極めができない

まず、挙げられるのは人の見極めが下手ということです。

 

世の中にはいろんな人がいます。 

 

みんな寡黙で、人の悪口を言わない人ばかりならいいんですが、現実は違いますよね。

 

この人は敵に回すと厄介そうだ、口が軽そうだといったことは、実際に話してみたり、その人の雰囲気を観察すればなんとなく感じ取ることができませんか?

 

大体、悪い噂が流れる人の特徴は、噂好きな人に目を付けられることです。

 

情報は発信されなければ、拡散しませんからね。

 

SNSと一緒です。

 

職場には拡散大好きなSNSみたいな人はいませんか?

 

私の職場にはツイッターおばさんがいます。

 

そのおばさんの周りはいいねとリツイートしまくりなので、一瞬で噂が広がります。

 

ツイッターおばさんに悪印象を与えると瞬く間に、噂が広がります。

 

もちろん、悪い噂です。

 

悪い噂の方が盛り上りますからね。

 

人を蔑んで、自分が優位であるかのように見せる。

 

ツイッターおばさんの、自己防衛本能が常にフル稼働しているんですね。

 

私の職場の悪い噂を流される人は、ツイッターおばさんの反感を買うのが非常に上手です。

 

本人は好きで反感を買おうとしている訳ではないんですがね。

 

もうツイッターおばさんが完全に調子に乗っているので、たとえ正論でも受け入れてもらえません。

 

かわいそうです。

 

噂好きな人と無理に関わろうとするのは辞めましょう。

 

できれば、距離を置くのが一番です。

 

噂好きな人との接し方は十分注意する必要がありますね。

 

真面目過ぎる

 

真面目なことはいいのですが、真面目は行き過ぎると応用が利かないと思われることがあります。

 

あの人、勉強はできるんだけど、応用が利かないんだよね。

 

そういった、話をたまに耳にしませんか?

 

要するにあの人は仕事ができないと言いたいのだと思います。

 

真面目な人って、言われたことを忠実に行う能力は優れています。

 

ただし、教わったことを忠実に守ることに全力を注ぐので、教えてもらったことを応用させる意識が弱い人が見受けられます。

 

私も基本は石頭なので、応用が苦手です。

 

仕事をマニュアル通りにこなすことも大切ですが、自分なりに応用を利かせることも仕事では大切なのです。

 

応用を利かせる為には、教えてもらった内容を自分なりの言葉や表現で理解することが大切だと思います。

 

得た知識は、血となり、肉となりということばを聞いたことがあります。

 

仮に知識を血液に例えると、他者から得た知識(血液)をそのまま自分の体にいれたら、拒絶反応を起こし使い物になりません。副作用が起こる可能性もあります。

 

他者から得た知識を自分の言葉に変換し、自分の知識(自己血)に直す必要があるのではないでしょうか?

 

仕事は、単語を覚えるわけではありません。

 

自分の言葉で理解して、更にもし自分だったらどうするのか。そこまで考えられると応用が利くようになってくるのかもしれませんね。

 

質問が下手

 

よく上司に

 

「何をすればいいですか?」

 

と質問する人がいます。

 

質問が下手だなと思いませんか?

 

何も知らない新人社員がこの質問をする分にはまだ許容できますが

 

ある程度経験を積んだ人が、同じように質問していたらちょっとまずいのではないでしょうか?

 

人によっては火に油を注ぐことになります。

 

「何をすればいいですか?」

 

言い方にもよりますが、この質問は受け身、消極的な印象を受けませんか?

 

こいつは何も考えていない。なにも理解していない。自分の意見やプランを考えていない。と思われてしまいますよ。

 

もし質問する場合は、自分なりの意見をまとめてから質問すべきです。

 

コツは、質問ではなく、相談することです。

 

「~しようと思うのですがどうですか?」といった相手に許可を求めるような相談口調の方が印象が良いですよね。

 

また、質問はYESかNOで答えられるような質問にするべきです。

 

相手が回答を考える手間がはぶけるので。

 

質問の回答をするのも結構労力がいります。

 

なるべく相手に負担を掛けない質問方法を考えましょう。

 

 

 

f:id:girigirinchan:20190410162618p:plain

最後に 

 

人はいくつもの仮面を持っていると言われます。

 

彼女といるときの仮面。自宅に一人でいる時の仮面。職場での仮面。状況に応じて仮面を使い分けているのです。

 

職場での自分の仮面はどんな仮面ですか?

 

間違っても、友達と会う時の仮面、プライベートの仮面ではないですよね?

 

職場で上手くやっていくには職場に合った仮面をする必要があります。

 

それができなければ、噂を気にしない。

 

それもできなければ、環境を変えましょう。

 

職場の人間環境が合わないといって、職を転々とする人がいます。

 

相手が自分に合わせてもらうことを期待するよりも、自分が相手に合わせた方がはるかに効率が良いのではないでしょうか?

 

自分を相手好みに整形した方が、手っ取り早いし、ことが上手く運びます。

 

簡単なことではないですが、挑戦してみる価値はあります。

 

噂は一人歩きするので本当に注意が必要です。 

 

噂で自分の足元をすくわれないようにするために。

 

職場では仮面を被って、演技をすることも仕事なのかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

それではまた!