ギリギリの日常ブログ

2019年よりブログ開始。日常の様々な情報をインプットし、ブログの場をお借りしてアウトプットしていきたいと思います。元サラリーマン、資格を取って医療職に転職したサラリーマン医療職です!ブログについて日々試行錯誤中。

【格安スマホ】に変えたら思いのほか良かったので体験記を書く~格安スマホ選び楽天モバイル編~

どうも!ギリギリです!

今回は楽天モバイルについてです!

 

前回のあらすじ

ワイモバイル、イオンモバイルを調査したが、契約には踏み切れず優柔不断なギリギリ。気分転換にテレビを付けた所、とある会社のCMが目に止まったのであった!

girigirinchan.hatenablog.com

 

ふとテレビを見ていると、あるCMが目に留まりました。

楽天カードマ~ン!今、楽天カードを申し込むとなななんと!8000ポイントプレゼント!」

 

「・・・。」

 

「ムムッ!そうだ!楽天を忘れてた!」

 

そうなんです!楽天モバイルがあったんです!ク~~っ!

 

 と言うことで早速楽天モバイルを調査。

mobile.rakuten.co.jp

 

スーパーかけ放題プラン

楽天モバイルは、ドコモ、auの回線を使用することができます。

 

しかし、ドコモ回線の方がサービスが充実しています。

 

au回線を使用したい方には、あまり楽天モバイルはオススメしません。

ご注意ください。

 

LINE電話がいくら普及しても、電話回線での通話を利用することがあると思います。

 

楽天モバイルドコモの回線のみですがデータ通信∔10分間どの相手に何回かけても無料というスーパーかけ放題というプランが存在します。昔は無料通話時間が5分でしたが、10分に延長され料金はほぼ変わっていません。

 

私はサラリーマンではないのでそこまで長い通話をする事など滅多にありません。

 

ですから、私のように長電話をしない方に、スーパーかけ放題プランは非常にオススメです。

 

因みに私が長電話するときはWi-Fiに接続してLINEの無料通話を利用しています。

 

「アイ・ラブ・わいふぁい♡」

 

・・・キモくてごめんなさい。

 

契約期間を選択でき、自動更新がない

大手キャリアは2年間自動更新契約になります。

 

これは皆さんもご存じかと思います。

 

2年間の契約期間が終了すると、2カ月間の解約猶予期間が設けられます。

この2か月の解約猶予期間に解約手続きをしなければ自動的に2年の契約が更新されるという仕組みです。

 

利用者が「また2年間使用しますよ」と連絡しなくても、ご親切に自動で2年契約更新をしてくれるんですね。

 

しかし、また2年間使用する契約をする訳なので、途中で解約すれば当然違約金が発生します。

 

2カ月間の解約期間を逃してしまった方は、無料で解約するためにはまた2年間待たないといけない訳です。

 

では、楽天モバイルはどうなのか?

 

一番スタンダートなプランを説明します。 

 

利用者は最初に最低利用期間付きの料金プラン楽天モバイルと契約します。

 

このプランは最低利用期間が「1年」「2年」「3年」と設定されており、最低利用期間が長ければ長いほど、料金が割引されます。

f:id:girigirinchan:20190227102542p:plain

当然「最低利用期間中は楽天モバイルを使用する」約束ですので、その利用期間の途中で解約すると違約金(9,800円)が発生します。

 

「な~んだ。結局かわらないのか。」ということになるのですが、楽天モバイルは少し特殊なんです。

 

最低利用期間を過ぎればいつ解約しても違約金は発生しません。

 

でもここで安心しないで下さい! 

 

注意点は、料金の割引期間がプランによって異なること」です。

 

また、3年長期プランを契約して3年間使用した後の料金は基本料金に戻ってしまいす。

 

要するに、基本料金に期限付きの割引サービスを付与して販売しているのです。

 

割引期間が終了するとうまみがなくなるということですね。

 

間接的に更新しろと言われているような気がしますね。

 

相手も商売なので仕方ないですが・・・。

 

それでも、安いことに変わりはありません!

 

私が調査したときは、楽天モバイルにこのプランはなく、もう少し割高のプランでした。

 

しかし、1年の契約プランで低価格なのは間違いありませんでした。

 

現在では、さらに格安で利用できるようになったのですね。

 

楽天カードの恩恵がある

楽天モバイルは当然楽天が運営しています。

 

よって、クレジットカードの楽天カードを使用することで、恩恵を得ることができます。

 

楽天カードで支払うとポイントが溜まり、そのポイントで支払いができる」

楽天カード会員であれば、楽天モバイルの契約プランが割引される」

楽天ショッピングでのポイント倍率が上がる」

 

などの恩恵を受けることができます。

 

この時私はまだ、楽天カード保有していませんでした。

 

丁度、楽天カード新規入会キャンペーンで8000ポイントプレゼントを行っていたので、これを逃す手はないと思いました。(現在は5000ポイント。ムムッ!)

 

有難う!楽天カードマン!

 

と言うことで、いろいろありましたが

 

 

私は楽天モバイルにすることに決めたのです!

 

 散々迷いましたが、今まで見てきた中で一番私のニーズに合うサービスを提供していたのが楽天モバイルだったのです。

 

楽天モバイルは、格安スマホ事業に参入してそれなりの実績があり、経営基盤も安定していました。

 

また、スマホアプリ開発のノウハウもあるので、料金やプランの管理もアプリで簡単にできるだろうと思いました。

 

現在の使用料金はプロローグ編でも載せましたがこの通りです

 

f:id:girigirinchan:20190223181010p:plain

 

機種代は払っていないので、表示価格は音声∔データ通信料になります。

 

プランを見直せば、2000円ぐらいにはなるのですが、今はまだプランの見直しは行っていません。

 

プラン変更はスマホアプリで簡単に行えます。

 

今回、格安スマホ選びを経験して格安スマホの強みは手キャリアにない低価格プランであると改めて実感しました。

 

また、サービスに個性があるのも格安スマホの魅力です。

 

私は、もっと格安スマホのシェアが拡大し、大手の価格破壊が起こってほしいと思っています。

 

政府に指摘されてやっと価格見直しを検討するなんておかしくないですか?

 

国から指摘されるんですよ?

 

でも、大手の経営が苦しくなると、回線をレンタル使用している格安スマホ会社の経営も厳しくなってしまうんですけどね。

 

回線使用料の値上げをされたら、格安スマホは厳しいです。

 

楽天三木谷社長も「MVNO(格安スマホ事業)はMNO(大手通信キャリア)の奴隷みたいなものだ」と発言しているようですし。

 

難しい所です。

 

最近、楽天が通信事業参入を表明しました。

 

全く畑違いの楽天が大手3社の牙城を崩してくれることを期待したいです。

 

大手のスマホ料金は「お宅カルテル結んでます?」と疑ってしまうぐらい、値下げには慎重ですよね。

 

まあ、値下げ競争に走ってしまうと、じり貧になって共倒れしまうのは目に見えています。

 

インターネットが利用できなくなったら、社会は大パニックですからね。 

 

多少、価格が割高でも、使用ユーザーが納得できるサービスを提供してくれれば、そこまで不満は出ないと思うのです。

 

税金も一緒ですかね。

 

ちゃんと使い道を具体的に説明し、収めた税金がしっかり説明された通りに使用されていると分かれば、不満を持つ人も減ると思うのですが。

 

単純なことほど難しいのかもしれませんね。

 

少し話が逸れましたね。 

 

さて!ぼやきはこのぐらいにしておいて!

 

次回は、格安スマホ契約時の注意点について書いていこうと思います。

 

それではまた!