ギリギリの日常ブログ

2019年よりブログ開始。日常の様々な情報をインプットし、ブログの場をお借りしてアウトプットしていきたいと思います。元サラリーマン、資格を取って医療職に転職したサラリーマン医療職です!ブログについて日々試行錯誤中。

【格安スマホ】に変えたら思いのほか良かったので体験記を書く~格安スマホ選びイオンモバイル編~

どうも!ギリギリです!

引き続き格安スマホ体験記をアップしていきたいと思います。

 

前回のあらすじ

Yモバイルの契約を断念したギリギリ。さてどうするかとヤフーニュースを眺めていると、「イオン格安スマホサービス開始」の記事を発見。興味が湧いたギリギリであったが、とりあえず晩御飯のおかずを買う為に、イオンに向かうのであった。

girigirinchan.hatenablog.com

 

イオンモバイルについて 

 

aeonmobile.jp

 

ドコモ、auの回線が利用できる

私は、ドコモSIMのiPhoneを使用していたので、そのままSIMを装着すれば使用できるイオンモバイルは魅力がありました。

ワイモバイルでは、ソフトバンクの回線でしたが、イオンモバイルはドコモ、auの回線を使用することができるため、ドコモ、auを利用していた方は、新たにスマホを購入する必要もSIMロックを解除する必要もありません。

 

 

いつでも解約できて、違約金が発生しない

これは、衝撃でした。

「イオンモバイル決定!」と思ったぐらいです。

最近、2年契約縛りがないプランはみたことがなかったのでインパクトがありました。

それと同時に知らぬ間に2年契約縛りは当たり前になっていたんだなと思いました。

昔は違ったんですけどね。

慣れって怖いですね。

契約期間の縛りが無い分、割高なのかと思いましたが決してそんなことはなく、価格も低価格で良心的な料金プランでした。

 

プランの種類が多い

イオンモバイルには29種類の料金プランが存在します。

 なぜ29種類も存在するのか。

その理由は、データ通信∔通話プランだけでなく、データ通信のみのプラン、シェア音声プランが用意されており、データ通信量の上限設定も細かく選べるようになっているからです。

例えば、「使用しているタブレットは動画閲覧がメインで通話はしない」という人はデータ通信のみのプランを、「通信端末をいくつか保有しているが、イオンモバイルで一括管理したい」という人は複数のSIMを発行し、それぞれの端末で使用できるシェア音声プランというような感じです。

使用ユーザーの要望になるべく応えられるよう、プランを検討した結果29種類というプラン構成になったわけですね。

「29種類もあったらなかなか決められない」と思った方。

私みたいに、メインのスマホ料金を安く抑えたいならば

通常の音声∔データ通信プランの一択です。

そこから、月に使用する平均通信量に見合ったギガ数のプランを選択するだけです。

特にそんなに悩む必要はないと思いますよ(笑)。

 

当時は新規参入したばかりであった

今のところ悪い所は何一つ見当たらないイオンモバイル。

とうとう契約か!?

 

ごめんなさい。

結局私はイオンモバイルにしませんでした。

 

なぜイオンモバイルにしなかったのか。

その理由はイオンモバイルは当時新規参入したばかりであったからです。

新しく始めたことは、何かしらトラブルが発生します。

車を例にあげると、車は発売前に過酷なテストを実施し、不具合がないことを確認してから販売されます。

しかし、どれだけテストを行っても不具合を0にすることはできません。

発生した不具合は、リーコールとして無償修理したり、或いはマイナーチェンジを行って不具合を改善したモデルを新たに販売します。

「車はマイナーチェンジしてから買え」と言われるのはこのためです。

イオンモバイルはサービスを開始して数カ月であったため、もう少し様子を見て実際に使用しているユーザーの情報を得てから判断しようと思いました。

また、イオンモバイルを見る為に、とあるイオンに見に行きました。

イオンモバイルの販売スペースを探していたのですが、販売スペースが婦人服コーナーの一角に設置されていました。

これでは、男性客はなかなか気づかないですよね。

ポップやテロップも寂しくスタッフも不慣れな感じが否めませんでした。

イオンもまだ販売体制が万全というわけではなかったようですね。

今はそんなことないので、ご安心してご利用ください!

 

なかなか格安スマホを決められない優柔不断なギリギリ。

果たしていつ格安スマホにすることができるのでしょうか。

次回は「楽天モバイル!?イイんです!!」

をお送りします。

それではまた!