ギリギリの日常ブログ

2019年よりブログ開始。日常の様々な情報をインプットし、ブログの場をお借りしてアウトプットしていきたいと思います。元サラリーマン、資格を取って医療職に転職したサラリーマン医療職です!ブログについて日々試行錯誤中。

メルカリって本当にお買い得なのか?~思い込みによるリスク~

どうも!ぎりぎりです!

今回は、メルカリでのエピソードをブログにアップさせていただきます。

 

  • 100円ショップでのエピソード
  • メルカリへの思い込み
  • 最後に

 

100円ショップでのエピソード

先日嫁さんと100円ショプに行きました。

目的はスマートフォンのガラスフィルムカバーの購入です。

目的のものが見つかったのですが、ここで嫁さんが言いました。

『これ、メルカリで300円だった。』

まさか、100円ショップのものをメルカリで出品しているなんて思いもしませんでした。

現物がこちら

 

f:id:girigirinchan:20190217161319j:plain

100円ショップのクオリティーは高いですね。

もし、私がこの商品についてなにも知らず「この商品はいくらでしょうか」と聞かれたら

『800円ぐらいかな』

と答えると思います。

この商品に目を付けた出品者は素直に賢いと思いました。

因みに嫁さんは、今回100円ショップになかったらメルカリでこの商品を購入する予定でした。

 

メルカリへの思い込み

我が家では、不要になったものはメルカリに出品しています。

なので我が家にとってメルカリは、不要なものを出品する場所という認識です。

このような認識をされている方は多くいらっしゃると思いますが、ここに大きな落とし穴があります。

「不要なものなので、新品より割安に購入できるだろう」という思い込みです。

メルカリのシステムは、販売価格の10%がメルカリの利益となり、送料については、購入者或いは出品者が負担するシステムとなっています。

なので今回の場合、商品が300円であれば、

メルカリの利益:30円

送料:82円

利益:188円

となります。

一枚ではそこまでの利益にはなりませんが、数を売ればそれなりのお小遣いにはなりそうですね。

ここで申し上げておきたいのは、決して出品者が購入者を騙しているというわけではないことです。

出品者は商品の仕入れ、メルカリへの出品、梱包・発送を行うため、その費用を商品価格にのせているだけです。

 

私が言いたいのは、

「メルカリが安いと思いこんでいると、本当はもっと安く購入できたものを購入できない可能性がある」ということです。

要するに、思い込みは損失をもたらす可能性があるということです。

 

では、どうすればよいのか

簡単です。

2つ以上のサイトで価格を確認すればよいです。

これはメルカリに限ったことではなく、欲しい商品を安く購入したい場合にすべきことです。

なぜ1つのサイトでなく2つなのか

例えばこういうフレーズを聞いたことはありませんか?

 

『アマゾンが一番安いよね。』

 

確かにアマゾンは安いです。

 

私もよく利用します。非常に便利です。

 

ただし、ものによります。

 ここでも思い込みによる勘違いが発生します。

アマゾンが最安値であるという思い込みです。

ショッピングサイトに出店登録している店舗が異なるため、最安値はサイトごとに異なります。

私は釣りが好きですが、アマゾンのリール(糸をまく道具)価格は全然安くないことが多いです。

なので私は商品を購入する際、アマゾン、楽天、ヤフー、価格.COMなどで価格を比較してから購入しています。

ドケチですね(笑)

でもそうやって、価格を確認することでその商品の相場が理解できます。

また、価格を確認していると関連商品も紹介されるため、いろいろな発見があります。

これは私の持論ですが、思い込みが強い人ほど、調べるのを怠る傾向がある気がします。

インターネットを駆使すれば、簡単に情報を手に入れることができる時代です。

是非、調べる癖をつけてください。

 

最後に

たかが188円されど188円。

非常にケチケチした内容となってしまいましたが、思い込みの罠に今回気づくことができました。

嫁さんは、『今後メルカリを利用する場合は、安いものでも十分調べてから購入する。』とのこと。

仕事のミスも思い込みが原因になることが多いです。

皆さんも思い込みの罠に嵌らないよう注意してくださいね。